インフルエンザでお困りの方へ

通院が無駄足に?インフルエンザの検査タイミング

インフルエンザのような症状が見受けられる、例えば高熱や全身の倦怠感、食欲不振といったような症状が出てきたというようであればなるべく早くインフルエンザの検査を受けたいと思うことでしょう。
検査を受けてもし陽性として判断されたのであれば、それから他の人に感染を拡大させないようにしたり、治療薬を処方してもらうことが出来るようになります。
ただしかし、インフルエンザの検査は感染しただけでは行うことができないということは事前に抑えておく必要があるでしょう。
基本的に症状が出て一晩した後などであれば問題なく検査を行える可能性はありますが、しかし深夜に発症して朝一番に検査を受けると言うようにすると、正しい検査結果がでないことがあります。
これは現在のインフルエンザの検査が迅速診断法という「鼻やのどの粘液の中のウイルスの有無」を診断のポイントに据えているからです。
ウイルスは発症直後にピークを迎えるのではなく、ピークはあくまでも症状が起きてからしばらくしてから訪れます。
一般的には発症から12~24時間後になってようやく検査の結果に信用がおけるだけのウイルスが増殖するということになっていますので、発症直後に検査を受けても正しい結果が出ない可能性が高いのです。
もちろんだからと言って病院に行くことが無意味と言うことはありません、
むしろ状態がひどいようであれば点滴などの形で治療を受けるためにも病院は受診するべきだと言えるでしょうし、解熱鎮痛薬を処方してもらうだけでも格段に楽になるでしょう。
ただもし子どもの登校停止措置などに関してインフルエンザということで診断書を作ってもらいたいということであれば、確実にウイルスが検知できるであろう発症から12時間以上経過後に病院を受診するようにするのがベストだと覚えておいてください。

●インフルエンザの治療薬はこちら
インフルエンザ 治療