インフルエンザでお困りの方へ

インフルエンザウイルスの増殖を抑える治療方法

もしインフルエンザと同じような症状があらわれたとしたら、是非とも自己判断に任せることがないようにしましょう。それよりも、できるだけ早く病院へ行き、信頼できる医師の診断を受けるようにしたいものです。自己判断に任せて行動してしまうことには、大きなリスクが伴い、たいへん危険でもあります。たとえば、実際にはインフルエンザに感染しているのに単なる風邪だと判断してしまうかもしれません。また、重症になりかかっているのに症状を軽視してしまったり、さらには適切でない薬を間違って服用してしまったりと、大切な健康に大きな害を及ぼす危険があるからです。
適切な医師の診察を受けて、インフルエンザに感染していると診断された場合には、医師の提示する治療方法にしっかりと従って治療することが必要です。インフルエンザは一般の風邪とは全く異なるものです。基本的には、ウイルスによって引き起こされることになります。インフルエンザウイルスが、鼻や喉から入り込み、弱い粘膜の部分に付着してしまうことによって、高熱が出たり症状の悪化が生じたりすることがあります。そこで、インフルエンザの治療方法として非常に効果があるのが、ウイルスの増殖を抑える作用を持つ治療薬を服用することでしょう。特にこれらの治療薬は、インフルエンザの症状があらわれ始めてから、できるだけ早い時期に、つまり48時間以内に服用することが勧められています。こうした治療薬を服用する時期が早ければ早いほど、体に入り込んでくるウイルスの量も少なくなると言われています。こうした理由で、治療薬の服用は、インフルエンザの流行を防ぎ症状を抑えるのにたいへん効果の高い治療方法となっているのです。