インフルエンザでお困りの方へ

N95マスクでインフルエンザ予防と課税について

一般的な人が医療機関を受診して診断や治療を受ける際にはほとんどが保険診療となります。そのため、あまり保険診療と自由診療の違いについて意識をすることがないのが事実です。典型的な病気の診断や治療については保険でカバーされているのが一般的だからですが、インフルエンザとなると自由診療を経験する人も多いでしょう。日本の医療保険制度においては予防医療は保険適用されないのが一般的であり、ワクチン接種については自由診療となって全額自己負担になるのです。消費税率の上昇が問題になっているのが現代社会ですが、その影響は医療においても登場します。保険診療と自由診療では税区分が異なるからです。税区分上、保険診療は非課税ですが、自由診療は課税対象になります。そのため、予防医療を受けるという場合などには消費税が上がることで実質的に支払わなければならない費用が上昇することになるのです。より正確には保険適用外であったり、保険適用の範囲を越えた場合にはば税区分上は課税対象になります。病院でインフルエンザワクチンを接種するということは、薬局でn95マスクを買うのと同じ扱いを受けることになるのです。n95マスクもインフルエンザの予防に有効性が高いと期待されるマスクであり、そのフィルター効果の高さからインフルエンザウイルスがマスクを透過してくる心配がありません。こういったものを保険適用で提供してもらうということはできず、自分で全額を負担し、消費税も支払って購入しなければならないのが現状です。n95マスクのように有用性があって単価が安い予防アイテムをうまく広めるためのシステムができるとインフルエンザ対策もより進むようになるでしょう。